Pre-Production

Pre Production YouTubeの最新動画フォーマット:360° 3D バーチャルリアリティー(VR)動画についてもっと知ろう!

 

YouTuberの皆さんは360° 3D バーチャルリアリティー(VR)動画の事を知っていますか?

 

以前から、普通の360° 動画はありましたよね?パソコン上での画面のスクロールや、スマホでジャイロセンサーを利用して普通の表面的動画では見れない部分まで見れるということで、一時期とても人気でしたよね?その360° 動画さらに進化したものが360° 3D バーチャルリアリティー(VR)動画なんです。

360° 3D VR動画は視聴者の方のアクションや動作に応じて、視野が移動し、違う角度から3D動画を見ることができます。推奨された機器と視聴方法を使うことにより、視聴者は自分が本当に撮影場所に立っているかと錯覚をしてしまうほどの体験ができるかもしれません。

この記事ではその、まだ謎の多い、360° 3D VR動画の視聴、撮影、アップロードの観点から出来る限りの謎解きをしていきます。

VR MODE 660 WHT YouTubeの最新動画フォーマット:360° 3D バーチャルリアリティー(VR)動画についてもっと知ろう!

最適な視聴環境:

 

360° 3D VR動画を最大限に体感し、楽しむためには、ヘッドマウントディスプレイと呼ばれる特別なゴーグルなようなデバイスを頭に装着しなければなりません。現在では、グーグルから発売されている、Google Cardboardの他に、他社で出しているCardboardアプリ 対応のデバイスを使うことによりYouTube上で 360° 3D VR動画を楽しめるようになっています。

現在、Cardboard機能搭載のYouTubeはiOSに対応されていません。Googleによれば、iOSにも対応されるということなのですが、時期などは未定のようです。

VRモードに非対応の端末やブラウザなどでは、ゴーグルを使うことにより、3Dではない360度全方位動画としてのみ試聴可能です。

 

2種類のVR動画フォーマット:

 

VR動画には2 種類の形式があります。

  1. カメラで撮影した実写映像(Googleの提供する、Jump プラットフォームなどを使用して作成)
  2. パソコンで作成した CG コンテンツ

 

撮影方法:

 

360° 3D VR動画の撮影には特殊なカメラ、または多数のカメラとリグ、そしてそれらをつなぐ動画編集ツールが必要となります。YouTuberの方々なら持っている方も多い、RicohのThetaやKodakのSP360のような、従来の360°動画の撮影に使われていたカメラなどは使えない模様です。

 

アップロードできる動画フォーマット:

 

360° 3D VR動画をYouTubeにアップロードするには、いくつかの決まりがあります。

  • コンテンツをアスペクト比 16:9、解像度 3840×2160(2160p)でエクスポート
  • ピクセルまたはスケールのアスペクト比が 1:1 になるように保持してください
  • レターボックスやピラーボックスは使用できません
  • 3840×2160 ピクセルすべてを使用した映像である必要があります
  • 動画で大きな圧縮歪みが発生する場合は、高いビットレート(150 Mbps など)で再度エンコード
  • 1080pのHD動画やそれ以下の解像度の動画の場合、2160pに引き延ばした際に、画像に荒れが生じます。2160p(4K)以上の解像度で撮影しましょう。

 

アップロードするためのメタデータ編集:

 

360° 3D VR動画には特定のメタデータを含める必要があります。これがなければ、VR 動画であることが認識されず、正しく再生されません。メタデータを追加するには、次の手順で操作します。

  1. 360 Video Metadata アプリをダウンロードします。
    1. Mac 用リンク
    2. Windows 用リンク
  2. ファイルを展開して、360 Video Metadata アプリを起動します。Mac を使用している場合は、アプリを右クリックしてから [開く] を選択する必要があります。動画ファイルを選択します。
  3. 両方のチェックボックスをオンにして、[保存] をクリックします。
  4. 作成するファイルの名前を入力します。ファイルを保存します。新しいファイルは自動的に元のファイルと同じ場所に作成されます。
  5. 新しく作成されたファイルを YouTube にアップロードします。
  6. 動画の処理が終了するまでお待ちください。この処理には最大 1 時間ほどかかることがあり、動画が正しくレンダリングされない場合もあります。

 

360° 3D VR動画は未知の次世代動画フォーマットです。YouTubeプラットフォーム上でも、対応動画はまだまだ多くありません。それに加え、必要になる機器や知識も多く、多数のクリエイターの方々には手を出しにくいものでもあるかもしれません。この先、より多くの良質な動画が登場し、3D動画撮影機能のあるカメラが市場に投入されるようになれば、360° 3D VR動画とともにYouTubeの新たな時代の幕開けとなりえるかもしれません。

 

あなたもBBTVに参加して才能溢れるクリエイターのコミュニティに入りませんか?

VISOカタリストの素晴らしい技術を通して、BBTVがどのようにしてチャンネルを促進しチャンネル登録者数を延ばしているか、ぜひチェックしてください。BBTVのYouTubeネットワークパートナーシップに関する情報は下のボタンをクリック!
Join BBTV 300x61 YouTubeの最新動画フォーマット:360° 3D バーチャルリアリティー(VR)動画についてもっと知ろう!

YouTubeの最新動画フォーマット:360° 3D バーチャルリアリティー(VR)動画についてもっと知ろう!

Category: Home
0
290 views

Join the discussion

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>